「エクセレントうら」のブログ

Excelマクロ(マッチング処理とマージ処理)を販売します。

Excel VBAマクロ販売

同一形式Excelファイルのマージ(統合)

投稿日:2020-05-29 更新日:

形式が同一のファイルを1個にまとめるとき、手作業でコピー&ペーストを繰り返していませんか? その手作業を数分で完了できたら幸せだと思いますので、ぜひ当マクロをお試しください。Excelファイルだけではなく、csvファイルにも対応しております。
自分の作業効率を上げるために作成したものですので、ぜひお試しください。

excelMerge_ver1.10.zip を以下のリンク先からダウンロードし、解凍してご利用ください。
https://drive.google.com/file/d/1AFXFZbpL6Gi5T_o2yzgJBjTyExf9_tDA/view?usp=sharing

30日間は無料で利用できますが、気に入っていただけましたらnoteの有料記事にて、ライセンスキーを入手してください。
https://note.com/excellent0322/n/neb2917395c5f

「ヘッダー行数」を指定できるため、どのような形式にも対応できます(ヘッダーは便宜的に100行までとしています)。「対象シート名」を指定するか否かで、処理結果が以下のように変化します。
・「対象シート名」を入力した場合は、該当するシートのみ処理
・「対象シート名」が未入力の場合は「すべてのシート」を処理

手順
1「入力ファイルのディレクトリ」に入力ファイルが配置されているディレクトリ(フォルダ)を入力します。
2「出力ファイル名」にマージ結果を保管するファイル名を入力します。 例:マージファイル
3「ヘッダー行数」に見出行数を入力します。  0~100で入力してください。見出しなしは0を入力。
4「対象シート名」にマージ対象のシート名を入力します。全シートが対象であればセルに入力しない(Null値)。
5マージ処理ボタンをクリックします。
6マージしたいファイルを選択状態とし、開くボタンをクリックします。
7「入力ファイルのディレクトリ」に「出力ファイル名」のマージ結果ファイルが作成されます。

-Excel, VBAマクロ販売
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。

Excelマクロの販売をnoteで行なってみました!

自分の作業効率を上げるために作成したExcelマクロですが、同じようなことを考えている人の役に立つと考えて情報共有することにしました。 30日間は無料でご利用いただき、気に入っていただけましたらライセ …

Excel重複データを簡単に検出し、除去する方法について

重複データを検出し、除去する方法をご紹介いたします。

話題沸騰のBrainにもExcelツールを公開しました!

 みなさまBrainという新しいサービスが2月から始まっていることをご存知でしたでしょうか?(当然知っているって方はななめ読みで・・・) アンテナの低かった私は、まったく気がついていませんでしたが、昨 …

Excelマッチング(1対N,1対1)

vlookupの式を毎回書くのがアホらしくなって、自分の作業効率を上げるために作成したものです。比較したい列が左から何番目かを数値で指定してボタン押すだけで処理してくれるExcelマクロです。