うら@nTechを学び悟りたい

nTechを学んで悟りたいと考えている男です。アドバンスパスで年内はセミナー受け放題となっております。

Excel

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

投稿日:

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。

動画作成時に使用したExcelファイルは以下からダウンロード可能です。

https://drive.google.com/file/d/1kF8RdfLqW3mpAYv6v6JsSo5lJJbhiwYh/view?usp=sharing


以下にエッセンスを記載しますので、動画を見る時間がない方はこちらをご覧ください。

B3セルを選択すると、左上の赤枠部分には「B3」と表示されていますが、ここに「ADD_DATA」と入力してEnterキーを押しましょう。そうするとB3セルに「ADD_DATA」という名前をつけることができ、VBAマクロからの値抽出が容易になります。

Range(“ADD_DATA”)を変数に代入するだけで値を取り込めますので、とても解りやすいです。ここではメッセージボックスに「INPUT_DATA」と「ADD_DATA」を連結して表示するようにプログラムしています。


作成した名前「ADD_DATA」が不要となった場合は、以下の手順で削除可能です。

数式リボンの「名前の管理」をクリックすると以下のウインドウが開きますので、「ADD_DATA」を選択して削除してみましょう。

削除だけでなく名前の変更なども可能ですので、いろいろと試してみてください。

-Excel
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

話題沸騰のBrainにもExcelツールを公開しました!

 みなさまBrainという新しいサービスが2月から始まっていることをご存知でしたでしょうか?(当然知っているって方はななめ読みで・・・) アンテナの低かった私は、まったく気がついていませんでしたが、昨 …

利用中のExcelバージョンを教えて

先日、Twitterの投票機能を使って、利用中のExcelバージョンを調査したので、結果をブログ化しておきますね~😁投票に参加してくださったすべての方に感謝いたしますm(_ _)m 【 …

【無料公開開始】Excelマクロツール3種類(マッチング(1対多、1対1)、マージ)

シェアウエアとして公開していたExcelマクロツールですが、より多くの人に使っていただこうと考えて、無料でダウンロード可能な状態で公開させていただきます。 https://drive.google.c …

複数セルの連結方法

複数セルの値を同時に参照したい場合は、&(アンパサンド)を使って連結したものを作成しましょう。

Excelのxlookup関数の使い方

vlookup関数ではできなかった、Key列の左側の値を抽出できるxlookup関数をご紹介いたします。