「エクセレントうら」のブログ

Excelマクロ(マッチング処理とマージ処理)を販売します。

Excel

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

投稿日:

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。

動画作成時に使用したExcelファイルは以下からダウンロード可能です。

https://drive.google.com/file/d/1kF8RdfLqW3mpAYv6v6JsSo5lJJbhiwYh/view?usp=sharing


以下にエッセンスを記載しますので、動画を見る時間がない方はこちらをご覧ください。

B3セルを選択すると、左上の赤枠部分には「B3」と表示されていますが、ここに「ADD_DATA」と入力してEnterキーを押しましょう。そうするとB3セルに「ADD_DATA」という名前をつけることができ、VBAマクロからの値抽出が容易になります。

Range(“ADD_DATA”)を変数に代入するだけで値を取り込めますので、とても解りやすいです。ここではメッセージボックスに「INPUT_DATA」と「ADD_DATA」を連結して表示するようにプログラムしています。


作成した名前「ADD_DATA」が不要となった場合は、以下の手順で削除可能です。

数式リボンの「名前の管理」をクリックすると以下のウインドウが開きますので、「ADD_DATA」を選択して削除してみましょう。

削除だけでなく名前の変更なども可能ですので、いろいろと試してみてください。

-Excel
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

同一形式Excelファイルのマージ(統合)

形式が同一のファイルを1個にまとめるとき、手作業でコピー&ペーストを繰り返していませんか? その手作業を数分で完了できたら幸せだと思いますので、ぜひ当マクロをお試しください。Excelファイルだけではなく、csvファイルにも対応しておりますので一度使ってみて欲しいです。

VectorにExcelのVBAマクロをアップロード

本日、3つのVBAマクロをVectorにアップロードしました。いつごろ、公開されるのか、いまから楽しみです。みなさまも楽しみにしていてくださいね。 1.Excelシート間マッチング(片側参照_1対N( …

Excelマッチング(1対N,1対1)

vlookupの式を毎回書くのがアホらしくなって、自分の作業効率を上げるために作成したものです。比較したい列が左から何番目かを数値で指定してボタン押すだけで処理してくれるExcelマクロです。

Excelのxlookup関数の使い方

vlookup関数ではできなかった、Key列の左側の値を抽出できるxlookup関数をご紹介いたします。

話題沸騰のBrainにもExcelツールを公開しました!

 みなさまBrainという新しいサービスが2月から始まっていることをご存知でしたでしょうか?(当然知っているって方はななめ読みで・・・) アンテナの低かった私は、まったく気がついていませんでしたが、昨 …