「エクセレントうら」のブログ

Excelマクロ(マッチング処理とマージ処理)を販売します。

Excel

複数セルの連結方法

投稿日:

xlookup関数やvlookup関数などで、複数セルの値を同時に参照したい場合は、&(アンパサンド)を使って連結したものを作成しましょう。

動画作成時に使用したExcelファイルは以下からダウンロード可能です。

https://drive.google.com/file/d/187ILMlbYPhlQF03YV2kP8c3w9BjdS5Pa/view?usp=sharing


以下にエッセンスを記載しますので、動画を見る時間がない方はこちらをご覧ください。

1.連結されたデータを格納する列を挿入します。
2.A2セルで「=」と入力し、結合する最初のセルを選択します。
3.「&」と入力し、結合する次のセルを選択し、Enter キーを押します。 画像では、「=B2&C2」となりました。

4.A2セルをコピーし、A3~A6へ貼り付けます。
5.A列をコピーし、形式を選択して貼り付けで「値のみ」を貼り付けして、式を除去します。

keyの区切りがわかりやすいようにしたい場合は、_(アンダーバー)なども連結するとよいでしょう。「=B2&”_”&C2」

-Excel
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Excel重複データを簡単に検出し、除去する方法について

重複データを検出し、除去する方法をご紹介いたします。

VectorにExcelのVBAマクロをアップロード

本日、3つのVBAマクロをVectorにアップロードしました。いつごろ、公開されるのか、いまから楽しみです。みなさまも楽しみにしていてくださいね。 1.Excelシート間マッチング(片側参照_1対N( …

同一形式Excelファイルのマージ(統合)

形式が同一のファイルを1個にまとめるとき、手作業でコピー&ペーストを繰り返していませんか? その手作業を数分で完了できたら幸せだと思いますので、ぜひ当マクロをお試しください。Excelファイルだけではなく、csvファイルにも対応しておりますので一度使ってみて欲しいです。

Excelのxlookup関数の使い方

vlookup関数ではできなかった、Key列の左側の値を抽出できるxlookup関数をご紹介いたします。

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。