うら@nTechを学び悟りたい

nTechを学んで悟りたいと考えている男です。アドバンスパスで年内はセミナー受け放題となっております。

Excel

【無料公開開始】Excelマクロツール3種類(マッチング(1対多、1対1)、マージ)

投稿日:2022-03-21 更新日:

シェアウエアとして公開していたExcelマクロツールですが、より多くの人に使っていただこうと考えて、無料でダウンロード可能な状態で公開させていただきます。

https://drive.google.com/drive/folders/1K0GmXAzTxZaxe45I7J2F_SqpBuPIRzNm?usp=sharing

Googleドライブ内に3種類のExcelマクロツールを収録していますので、ぜひぜひご利用ください。

マッチング処理片側参照(1対多)

2つのシート(「Afile」、「Bfile」)を指定したKey列で比較し、「Bfile」の内容を一致(「Match Bfile」)、不一致(「Only Bfile」)に振り分けます。
オプションとして「抽出処理の有無区分」を「有」に設定した場合、「Match Bfile」に「Afileの値を抽出する列」の値を取り込みます。

基本手順
1「Afile」にKey重複しないデータを貼り付けてください。
2「Bfile」に振り分けたいデータ(Key重複可能)を貼り付けてください。
3「Main」の「Key列」にマッチングキーが入った列が左から何列目かをそれぞれ指定してください。
4「抽出処理の有無区分」に「無」を選択する。
5「マッチング処理」ボタンをクリックすると、「Afile」と比較し、「Bfile」の内容を一致(「Match Bfile」)、不一致(「Only Bfile」)に振り分けます。

オプション手順:「Match Bfile」に「Afile」の指定列の値を抽出したい場合は、追加で以下を実施します。
6「抽出処理の有無区分」に「有」を選択する。
7「Afileの値を抽出する列」に「Afile」の左から何列目を抽出するか、指定してください。
8「マッチング処理」ボタンをクリックすると、一致(「Match Bfile」)の1列目に値が取り込まれます。


マッチング処理双方向参照(1対1)

2つのシート(「Afile」、「Bfile」)を指定したKey列で比較し、一致(「Match Afile」、「Match Bfile」)、不一致(「Only Afile」、「Only Bfile」)に振り分けます。

基本手順
1「Afile」シートにKey重複しないデータを貼り付けてください。
2「Bfile」シートにKey重複しないデータを貼り付けてください。
3「Main」シートの「Key列」にマッチングキーが入った列が左から何列目かをそれぞれ指定してください。
4「マッチング処理」ボタンをクリックすると、振り分けされます。


同一形式複数ファイルのマージ処理

同一形式の複数ファイル(Excelかcsv)をマージ(結合)して、1つのExcelファイルを出力します。
(「ヘッダー行数」を指定できるため、どのような形式にも対応できます。)

手順
1「入力ファイルのディレクトリ」に入力ファイルが配置されているディレクトリ(フォルダ)を入力します。
2「出力ファイル名」にマージ結果を保管するファイル名を入力します。 例:マージファイル
3「ヘッダー行数」に見出行数を入力します。 0~100で入力してください。見出しなしは0を入力。
4「対象シート名」にマージ対象のシート名を入力します。全シートが対象であればセルに入力しない(Null値)。
5マージ処理ボタンをクリックします。
6マージしたいファイルを選択状態とし、開くボタンをクリックします。
7「入力ファイルのディレクトリ」に「出力ファイル名」のマージ結果ファイルが作成されます。

-Excel
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VectorにExcelのVBAマクロをアップロード

本日、3つのVBAマクロをVectorにアップロードしました。いつごろ、公開されるのか、いまから楽しみです。みなさまも楽しみにしていてくださいね。 1.Excelシート間マッチング(片側参照_1対N( …

利用中のExcelバージョンを教えて

先日、Twitterの投票機能を使って、利用中のExcelバージョンを調査したので、結果をブログ化しておきますね~😁投票に参加してくださったすべての方に感謝いたしますm(_ _)m 【 …

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。

Excelのxlookup関数の使い方

vlookup関数ではできなかった、Key列の左側の値を抽出できるxlookup関数をご紹介いたします。

Excelマクロの販売をnoteで行なってみました!

自分の作業効率を上げるために作成したExcelマクロですが、同じようなことを考えている人の役に立つと考えて情報共有することにしました。 30日間は無料でご利用いただき、気に入っていただけましたらライセ …