nTech ノウハウ

「組織の壊し方」という文書が衝撃的。日本の大企業病のみなもとではないか?

投稿日:2022-07-26 更新日:

心感覚体得プログラムの中で、紹介された帝国データバンクがまとめた資料を読んで、なんだかゾッとしてしまいました。

これは、第二次世界大戦時のCIA(米中央情報局(正確には前進組織))が作成したもので、敵国内のスパイが組織の生産性を落とすためにどのように「指導」すればよいかを示した資料のようです。

以下11項目を転載させていただきますが、これは今現在の日本の企業や公務員などで、ほぼすべて「採用」されている事柄ではないでしょうか?

・「注意深さを促す」。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする
・可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5 人以上
何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない
・会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する
・前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す
・文書は細かな言葉尻にこだわる
重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる
・重要な業務があっても会議を実施する
・なるべくペーパーワークを増やす
業務の承認手続きをなるべく複雑にする。1 人で承認できる事項でも3 人の承認を必須にする
・全ての規則を厳格に適用する

https://www.tdb-di.com/2019/12/col2015120301.pdf

1944年1月17日という第二次世界大戦真っ只中につくられて、終戦後にGHQが日本を弱くするために、二度と戦争をしないようにするために、アメリカに歯向かわないために、洗脳していったとしか思えません。

みなさまの会社は、「スパイ」が入り込んでいないと言えますでしょうか?

深く考えさせられましたぁ。


NRグループはノ・ジェスさんからのお話ですと、意思決定スピードがとても早いそうです。

悟りをひらいたノ・ジェスさんの指導のたまものなのでしょう。

-nTech, ノウハウ
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nTechのアドバンスパスに申し込みしました

nTechを本格的に学ぶため、セミナー受け放題になるアドバンスパスを申し込みいたしました。 110万円は私にとっては高額だったのでとても迷いましたが、「悟りたい」と思い、自己投資することとしました。先 …

楽天の期間限定ポイントはデビットカード決済では利用できません

楽天銀行のデビットカード支払いでポイントを使う設定にしても、期間限定ポイントは消費されませんのでご注意を・・・。 私は期間限定ポイントが9000円くらいあり、普通に生活してたら6月末までに消費できない …

PyCharmの導入:Python3用のIDEのインストールと使い方について

PythonのIDEであるPyCharmのインストール方法を解説させていただきます。動画は以下の構成となっております。 1.Python3(Anaconda)をインストールhttps://www.an …

ジーニマムソリューション⑥「人生に対する姿勢態度、人間関係に対する姿勢態度を改める」を受講しました

今日は午前中、ジーニマムソリューション⑥「人生に対する姿勢態度、人間関係に対する姿勢態度を改める」というワークショップに参加しました。 ワークの1個をご紹介しますが、「自分が死んでしまったことを想像し …

no image

nTech World View 3Daysセミナー1日目終了しました!

nTech World View 3Daysという3日間のセミナーの1日目が昨日(4/22)終了しました。 講師はノ・ジェス(Noh Jesu)さんという21世紀の悟り人です。 これまでIndustr …