Excel

Excelのxlookup関数の使い方

投稿日:2020-05-31 更新日:

vlookup関数ではできなかった、Key列の左側の値を抽出できるxlookup関数をご紹介いたします。

動画作成時に使用したExcelファイルは以下からダウンロード可能です。

https://drive.google.com/file/d/1Hq0oChp8ctmgnwD8j7n4Uo9aZc-GohY8/view?usp=sharing


以下にエッセンスを記載しますので、動画を見る時間がない方はこちらをご覧ください。

G2セルに「=XLOOKUP(F2,$B$2:$B$7,$A$2:$A$7,”商品CDが見つかりません”,0,1)」を入力して、Key列の左側の列であるA列を戻り値として設定しています。これはvlookup関数ではできなかったことですので、とても重宝することでしょう。

XLOOKUP(検索値, 検索範囲, 戻り範囲, 見つからない場合, 一致モード, 検索モード)

引数が6個ありますが、必須の引数は最初の3つのみであり、4つめ以降は省略可能です。それぞれの引数には以下の意味があります。
[検索値] … どのデータで
[検索範囲] … どこを検索して
[戻り範囲] … どの範囲の値を取り出すか
[見つからない場合] … 検索値が見つからない場合、何を表示するか
[一致モード] … 完全一致か、近似値も検索するか(初期値:完全一致)
[検索モード] … どのような順序で検索するか(初期値:先頭から末尾)

-Excel
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Excelマクロの販売をnoteで行なってみました!

自分の作業効率を上げるために作成したExcelマクロですが、同じようなことを考えている人の役に立つと考えて情報共有することにしました。 30日間は無料でご利用いただき、気に入っていただけましたらライセ …

利用中のExcelバージョンを教えて

先日、Twitterの投票機能を使って、利用中のExcelバージョンを調査したので、結果をブログ化しておきますね~😁投票に参加してくださったすべての方に感謝いたしますm(_ _)m 【 …

【無料公開開始】Excelマクロツール3種類(マッチング(1対多、1対1)、マージ)

シェアウエアとして公開していたExcelマクロツールですが、より多くの人に使っていただこうと考えて、無料でダウンロード可能な状態で公開させていただきます。 https://drive.google.c …

セルに名前を付けることで、VBAでの値抽出が容易に!

セルに入力した値を取り込み、VBAマクロで使用する方法を解説いたします。

Excelマッチング(1対N,1対1)

vlookupの式を毎回書くのがアホらしくなって、自分の作業効率を上げるために作成したものです。比較したい列が左から何番目かを数値で指定してボタン押すだけで処理してくれるExcelマクロです。